フロントパネルの修理でiPhoneを使いやすくしよう!

iPhoneのフロントパネルが割れてしまっても放置している方多いですよね。長い間放置しすぎると危険です。 - フロントパネルの修理でiPhoneを使いやすくしよう!

新着情報

◆2016/03/25
フロントパネルの修理でiPhoneを使いやすくしよう!の情報を更新しました。
◆2016/03/25
iPhoneのフロントパネルが反応しなくなったらどうするかの情報を更新しました。
◆2016/03/25
iPhoneのフロントパネルは自己修理できませんよの情報を更新しました。
◆2016/03/23
運営者プロフィールを新規投稿しました。
◆2016/03/23
iPhoneのフロントパネルを割れたまま放置すると危険ですよの情報を更新しました。

フロントパネルの修理でiPhoneを使いやすくしよう!

iPhone修理でありがちなのはフロントパネルですね。強化されたガラスを使用するようになっていますが、それでも限界はあります。落とした場所が悪ければ、破損は免れません。ならば早めに修理して、使いやすくしましょう。

割れたまま放置すると危険です

フロントパネルが割れたくらいでは、一見して支障がないことも多々あります。実際に街中で覗いてみても、割れたまま放置している人が多いですね。しかしそのままにしていると危険ですよ。
第一に指先を怪我する可能性があります。安全性には配慮されているでしょうが、やはりガラスです。当たり方が悪ければ、皮膚を貫通して突き刺さることもありえます。
またヒビが大きくなってしまうパターンもありがちです。応急処置としてセロハンテープを貼ったりラップを巻くなどが有効です。
一方でiPhone内にホコリやゴミが入る危険もあります。精密機械なので、ちょっとのことで断線したりショートします。するとすべての機能が使えなくなるリスクが生まれます。

パネルの自己修理も危険です

フロントパネルを破損する人が多いことは、ネットで検索するとわかります。自分で交換するための指南サイトが多数ヒットします。それを見て、簡単に思えますか。とはいえよほどの自信が無い限り、自己修理は危険ですよ。
ネジが細かいので、失くしてしまうリスクがあります。パーツを傷つけたり圧迫するだけで別の部分が壊れることがあります。ガラスの破片やホコリを残してしまうこともありがちです。尖った部分、工具もあるので、怪我をする可能性も否めません。

パネルが反応しなくなったらどうするか

yjtdutd
パネルは破損はしていないけど、反応が鈍くなることもありますね。一時的なトラブルであれば、再起動することによって復活します。ほとんどは問題ないですね。
とはいえ頻繁に同じようなエラーが生じる場合には、こちらも早めに修理した方が賢明です。液晶とガラスの間にあるデジタイザが損傷したら、症状は日々悪化していきます。
ただしヒビ割れ防止用に貼っている保護フィルムが邪魔している可能性もあります。またスマホケースや付属品類が画面にダメージを与えたり誤操作しているパターンもありますよ。意識して優しく扱ってあげましょう。

アップルストアを予約しましょう

iPhone修理は、専門のショップでお願いすべきです。つまりアップルストアを予約しましょう。近くになければ事前連絡の上、宅配便でサービスセンターへ送りましょう。
壊れたからといってアップルストアへ飛び込んでも、直ぐには対応してくれませんね。これが多少の故障を放置してしまう理由かもしれません。とはいえ結果として自分が困ります。だからこそ早めの修理が不可欠なのです。

街中のお店も便利ですよ

緊急事態の場合は、街中にある修理店が重宝します。安いしその場で対応してくれます。馴染みのお店を確保しておけば、様々なアドバイスをしてくれます。裏技が聞けたりするので便利ですよ。
ただし安さを売り物にしているお店は、ちょっと注意が必要です。アフターケアがよくなかったり、二次的なトラブルを生むことがあります。修理後には、他の機能が壊れていないか。例えばSiriや指紋認証が使えるか、チェックしましょう。
なお一度修理店で診てもらうと、今後アップルストアでの保証が利かなくなるリスクもあります。特にApple care+に加入している場合には、控えたいですね。

使いやすくしましょう

日頃から掃除を含めたメンテナンスをしてiPhoneを使いやすくしましょう。フロントパネルには保護フィルムを貼っておくと安心です。また可能な限り純正品で修理しましょう。自己修理するなら買い替え覚悟で望みましょう。大切に扱えば、Siriの機嫌もよいでしょう。
PRサイト:iPhone修理【バッテリー交換修理】